手のしびれの考えられる原因

手のしびれの考えられる原因はいくつかあります。

まず神経が圧迫されていることです。

末梢神経が圧迫されると手がしびれます。

この末梢神経、体の部位により名前が色々あり、正中神経、筋皮(きんぴ)神経、とうこつ神経、尺骨神経などがあります。

また考えられる別の原因は、脊髄障害です。

ヘルニアはその代業的な病気と言えるでしょう。

頚椎に負担がかかると手のしびれを感じます。

それで首を反ったり、首を前傾させたり、頚椎が変形したりすると、手のしびれを強く感じます。

頚椎がそうなってしまう原因の一つに、事故、そして加齢などがあります。

それで手のしびれを和らげるために首に負担をかけないようにすると良いでしょう。

さらに考えられる別の原因は、糖尿病です。

血糖値が高い状態が続くと、体の末端、例えば手、指先、足先がしびれてきます。

またしびれに伴い、痛みや感覚が鈍るということも出てきます。

さらにのどがかわく、トイレが近いという症状も一緒に出てくるでしょう。

糖尿病はほおっておくと、症状がひどくなり、顔面麻痺、筋肉の萎縮、排出障害などが出てくるようになりますので、早めに処置を受けるようにしなければなりません。

さらにしびれに伴い、吐き気、物が二重に見える場合は、脳卒中の発作が起きているかもしれません。

別に考えられる病気としては、しびれの他に手足が青白く、冷たいならば、閉塞性動脈硬化、レイノー病、バージャー病かもしれません。

もし汗を多量にかいているならば、自律神経失調症や更年期障害であることも考えられます。

このように、手のしびれの原因としては数多くの病気の可能性があります。

これは足のしびれも同様です。

手足の痛み・しびれを治したいと考えるなら、まずはその痛みやしびれが何によるものなのか突き止める事が大事なのです。